スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP50最終戦、最終日。

最終日、大逆転劇の末、北大佑選手の優勝で幕を閉じました。

20150922170246516.jpg

逆転優勝おめでとうございます。


201509221702455ad.jpg

上位入賞5名の選手。

おめでとうございます。



201509221702424b9.jpg

5位入賞の篠塚選手、やはり霞水系は強いですね。

ローカル戦優勝と共に、おめでとうございます。



201509221702430a1.jpg

6位入賞、前山選手。

表彰台、あと一歩のところでした。

3日間安定のスコアは流石です。


また、選手皆さま、悪天候のプリプラから本戦とお疲れ様でした。

ホームの水系だけに今回の試合は色々と感慨深いものを感じました。

ありがとうございます!


続きを読む»

スポンサーサイト

TOP50最終戦、2日目。

皆さん、こんばんは。

すでに結果をご存知の方も多いかと思いますが、2日目の結果です。


20150919231018cc8.jpg

2日目終わってトップは澳原選手。

2日で10キロオーバー!

ウェイトで頭二つくらいのリードでしょうか…


そして、イマカツチームも好調です。

5位には馬淵プロ、6位前山プロ。

明日も好ウェイト期待しております!


サンライン契約プロの選手の皆さんも良い位置に着いてますね。

明日の最終日、期待しております。

イマカツチーム、サンラインチームへのご声援引き続きお願いいたします。


明日は最終日ということで、イマカツ、サンラインからのブース出展もあるそうですので、皆さん是非足を運んでいただけたらな、と思います。


選手の皆さんが、それぞれのマイゲームが出来ますように…

健闘を祈ります!

TOP50最終戦。

TOP50最終戦がいよいよ始まりました。


初日の結果です。

20150918212015b21.jpg


3位に馬淵プロ、6位前山プロ、共に好発進!

入賞目指して頑張ってください。


また、最終戦ですから、年間優勝の行方も楽しみですね。

五十嵐プロの2日目にも期待しております。


引き続き、イマカツチーム、サンラインチームの応援よろしくお願いしますm(_ _)m

JB霞ヶ浦 最終戦。



2015091011543072e.jpg

JB霞ヶ浦最終戦。

今年はトーナメントでは全く良いところがなく、最終戦くらいは気合入れてやらねばと思い、朝から西浦の最奥の桜川まで行くことに。

しかしながら、気持ちばかりが空回りしてか、最終戦の結果は、まさかの途中棄権となりました。


20150910115432f7d.jpg

以下、釣りの内容はありませんが、良き出会いに助けられました!



順調に西浦に入り、到着目前で急に警告音…

あれあれ?

どうしたことかと、すぐに停止してみるも途切れながら警告音が鳴っている。

こんなことは初めてですが、まずはエンジンを止め周囲を観察。

後方のエンジン回りを見てみると、油が漏れている?

カウルを開けて見てみるものの、直接的な原因はわからず…

エンジンオイル量を確認すると、なんとカラ⁈

この時点で、エンジンを掛けることができない → 自力では帰れない → 棄権しかないかな…

本部へ連絡。状況説明の上、棄権と申告しました。


さて、これからが問題です。

どうやって帰るか…

西浦まで来たことをちょっぴり後悔しましたが、考えても仕方ない。

自身の駐艇するB-GETSへ電話し、レスキューを求めることに。

当然直ぐには来れるはずもなく、仕方なくエレキで戻れるところまで戻ることになりました。



2015091011543337f.jpg

そうはいっても、なかなか景色は変わりません。

この時ばかりは改めて霞ヶ浦の広さを思い知りました…


そんな時、何かを察したのか、WBSの小島貴プロから声を掛けてくださり、困っているなら「引っ張りましょうか」とのお言葉をいただき、大山のスロープまで曳航してくださることになりました。



2015091011543410e.jpg

約1時間半にも及び、長距離の曳航ありがとうございます。

最後にお礼をと思いお声を掛けると、「これから修理代も掛かるだろうから、そんなことより誰かが同じように困っていたら助けてあげて!」

そのお言葉とその行動は、なかなかできるものじゃありませんよね!

それを聞いて、胸がアツくなるのを感じました。

ちなみに、私は小島プロのことは存じ上げておりましたが、この時が初対面です。

プロとして、いちボートフィッシャーマンとして、何をすべきかを考えさせられた1日でした。

※小島貴プロ、その節は大変お世話になりました。
心よりお礼申し上げます。


20150910133914ca4.jpg

そして、大山からB-GETSの曽我部社長にトレーラーを運んでいただき、陸路にてマリーナに戻ってきました。

曽我部社長、お忙しところありがとうございました。


最終戦、少しでも良いところをお見せできるようにと、当日まで準備してきましたが、一投もできないないまま今年のプロ戦は終わりました。


曳航していただきました小島貴プロ、大山までトレーラーを運んで下さった曽我部社長、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。